カメラを愛して写真に恋するブログ

このブログの写真の転用、転載、複製を禁止します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オリンパス マイクロフォーサーズ機 E-P1

今月はゆったりしていますが、ニュースがありました。
これでもマイクロとフォーサーズユーザーのはしくれ、コメントを書きたいと思います。

オリンパス E-P1、発表になりました。
オリンパスのアイカップのEP-1ではありません、とまず、お約束のボケから入ります。
名称が同じオリンパスでここまで似ているのも、おもしろいですね。

本題に入ります。実機を見ていませんが、PC Watchなどの写真を見る限りカッコいいですね。
金属ボディで高級感もあります。おまけにM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8と広角単焦点も発表と中々ぬかりがありません。
個人的には14mmで出して欲しかったけど、購入意欲は今ありませんので無責任な発言になるので控えます。

HD動画が撮れるというのは以外でしたが、撮れないよりは撮れたほうが良いと思います。

レンズもマニュアルフォーカス専用かと思ったら、AFもきちんとできるようです。
間違えた。いまどき、MFレンズなんて受け入れられないよなぁ、このクラスで^^;)
しかしMFしたいときに、MFがどの程度のものかという心配は残ります。
覗ける、ファインダーもないしね。

外付け光学ファインダーは、おもしろいような、ボディの小型さをスポイルするような微妙な印象です。
使いたい人だけが使えばいいので、好きな方にはうれしいでしょう。
しかし、ファインダーがないのはさびしいですね。
個人的には、ここはNGです。

色がシルバーと白、これはいいですね。女性へのアピールもしっかりしています。
ここは、オリンパスのユーザー傾向を考えると、上手だと思います。
男が白ってのも、おしゃれだし。
しっかりポイントは押さえられていると思います。

ストロボが内蔵でないなのは、意見が分かれそうな所ですが、そのうち内蔵タイプが出るのは間違いないと思っています。
これはこれで、いいんじゃない、カメラの性格を考えるとそんな気もします。

XDピクチャーを止めて、SDにしたのは大正解です。
やっとオリンパスもユーザーニーズを理解したようです。
これでXDだったら、今までの二の舞ですね。
でも、コンパクトではまだ使うと言っている。うーん、です。

で、今回も目玉となるのが、手ぶれ補正、ボディでやってるところが、すごいです。
ここは、パナと永久にすみ分けていくようですが、とても魅力的ですね。
オリンパスを選ぶ理由は、ここが最大の理由になるでしょう。

個人的には、購買意欲がわきませんが、G1のときもそうでしたので、どうなるかは分かりません。
おもしろい存在のカメラ・・・・、そんな印象を受けました。

テーマ:OLYMPUS - ジャンル:写真

  1. 2009/06/16(火) 22:33:07|
  2. カメラの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月病 | ホーム | 体調不良>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haretokidokiphoto.blog67.fc2.com/tb.php/386-2bd3063a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

セイントマーチンの夏

Author:セイントマーチンの夏
Canon 1D mk3
Canon 5D mk3
Olympus OM-D E-M1
使用中。

最近のコメント

Twitter


follow Be_Blue at http://twitter.com

Web Photo Magazine Kokoro

Facebook

Fastp San

バナーを作成

Flicker

www.flickr.com
More photos and video on Flickr

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

RSSフィード

月別アーカイブ

Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。