カメラを愛して写真に恋するブログ

このブログの写真の転用、転載、複製を禁止します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さようならE-1、ありがとうE-1

今月は少し印象的な事柄があった。
記念に、ブログに残しておこうと思う。

長い間、愛用してきた、オリンパス E-1を1月25日に手放した。
E-3を購入してからもずーと所持し続けてたし、オーバーホールにも出したりした。
自分の初代一眼カメラとして、ずーと記念に残しておこうとも思った。
スナップ用途ならば、E-3よりも携帯には便利だしバラツキはあるが嵌ったときのKAFの創り出す写真は今の一眼とは一線を引くものが明らかにあったからだ。
MFだって改造マグニファイアーを使用すれば、そこそこいけるし、何よりポートレートでは、その柔らかい絵は、特に好みだった。
そんな理由と愛着もあるので、普段の外出カメラ、ポートレートカメラとして活躍してもらっていた。

だけど、お別れを決めた。
それは、写真メインでないときのカメラとしては少し大きすぎると感じることが最近特に多かったからだ。
他の荷物を鞄に詰めると、E-1だと入りきらないことがよくあった。
性能も、AFなどを少しでも期待してしまうと今のカメラとは大きな差を感じてストレスを感じることも度々あった。
そして、何より大きな理由は、交代させたいほど大きな魅力をもったカメラが登場したからだ。

その後継機として選んだのは、PANASONIC LUMIX DMC-G1。
コンパクトだし、画質も問題ないし、何よりMF性能が素晴らしい。
SUMILLUXやPlanarというピント合わせの難しい手持ちのレンズを使用して、簡単にピントのあった写真が撮れてしまう。本当に楽しいカメラだ。

PANASONIC、カメラがわかってきたなぁと思う。
ズミルックスしかり、バリオエルマーしかり、どんどんPANASONICが好きになっていく。
良い時代だ。G1が楽しくて、レンズも一本プレゼントしてしまった。
これまた、世の中の評価なんてどうでも良いと思わせるくらい素晴らしいレンズだった。

でも最後にいいたいのは、E-1、今までありがとう。これが主題だ。
P1000418.jpg
Panasonic LUMIX DMC-G1 / CarlZeiss Distagon 28mm F2.8
スポンサーサイト

テーマ:OLYMPUS - ジャンル:写真

  1. 2009/01/31(土) 22:52:14|
  2. Carl Zeiss T* Distagon 28 F2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

セイントマーチンの夏

Author:セイントマーチンの夏
Canon 1D mk3
Canon 6D
Olympus OM-D E-M1
使用中。

最近のコメント

Twitter


follow Be_Blue at http://twitter.com

Web Photo Magazine Kokoro

Facebook

Fastp San

バナーを作成

Flicker

www.flickr.com
More photos and video on Flickr

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のトラックバック

RSSフィード

月別アーカイブ

Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。